不二農園へようこそ

お茶畑と桜

秀峰富士の裾野に広がる不二聖心のキャンパス、その一角にある農園は明治初期から受け継がれ、不二農園と銘打たれてから今年は100周年を迎えます。
4万5千坪に及ぶ広大な茶畑の良質な茶葉から、緑茶、ほうじ茶、紅茶が生産され、学院関係者や愛飲家の皆様から好評を頂いています。また、紅茶専用の茶木「ただにしき」がまとまって栽培されているのは不二農園だけと言われ、聖心の紅茶「ただにしき」は裾野ブランド商品に認定されているほか、紅茶を使った洋菓子も不二聖心の生徒により「ソフィア-ジュ」と命名され、地元で販売されています。
聖心の緑茶、ほうじ茶、紅茶を是非ご賞味下さい。

不二農園の紅茶

不二農園作業風景

国産紅茶の人気が上昇しており、各地で国産紅茶の生産が盛んになっています。
その原料である生葉の殆どは、緑茶用品種から収穫されています。

しかし、不二農園の紅茶は、「ただにしき」という、いまや希少となった大変珍しい国産紅茶用品種と、「からべに」という、清香と穏和な滋味をもつ中国系の品種で生産されています。

国産紅茶用品種 幻の紅茶「ただにしき」とは

明治初期、政府の勧業寮役人であった多田元吉氏が、茶の栽培、製造技術の調査のため、中国、インドの各地を視察した際、多くの茶種子を持ち帰りました。

「ただにしき」は、彼が持ち帰った茶種子から静岡県茶業試験場が改良育成した紅茶用品種で、品種登録もされています。昭和40年頃までは各地でかなりの程度栽培されていたようですが、輸入紅茶におされ現在ではほとんど栽培されていません。

不二農園では、戦後、静岡県茶業試験場から分けてもらった「ただにしき」を約4700平方メートル栽培しており、この茶葉を原料として純国産の紅茶を生産販売しています。

なお、同試験場によると、「ただにしき」をまとまった形で栽培している茶園は不二農園以外にはないのではないか、とのことです。大変貴重な茶木ですので、今後とも大事に育て、美味しい国産紅茶を販売し続けて行きたいと考えております。

2013年には不二聖心女子学院と市内商店と裾野市が一緒になって、特産品を生み出す取り組みがスタートし、「ただにしき」を使って作られた商品を「ソフィアージュ®(Sophiage)」と命名しブランド化しています。

ソフィアージュ®とは、聖心女子学院の創立者であるSt.Madeleine Sophie Barat のSophieから Sophistticated「洗練された」とAge「時代」を掛け合わせSophiageとし、時代を超えて価値を継承してきた紅茶を意味する言葉が名づけられました。

ソフィアージュ(Sophiage)

「ソフィアージュ®(Sophiage)」

「ただにしき」の花
「ただにしき」の花

不二農園

〒410-1126
静岡県裾野市桃園198
不二聖心女子学院 に隣接
Tel. : 055-992-0213
Fax : 055-993-6937

ホームページ :
 https://seishin-fujinouen.jp

営業時間 : 9:00-17:00
定休日 : 土日・祝日
お茶の注文はこちらから